撮影日誌

2018/08/07

家族時間、夕暮れ海辺。

子供たちがお休みである土曜日曜日、やはりスタジオは絶賛営業中です。

なので申し訳ないと思いつつ、いつもスタジオ業務に付き合ってもらっている。

先日、ちょっぴり早く閉めて夕暮れの海辺に向かいました。

そんな写真をいくつかご紹介、自分たち家族のお出かけの撮影ですがロケーション撮影もそれと変わらない感じで撮影します。

 

さて、いつも赴いているお気に入りの場所「さつき松原」に到着する頃、娘がちょうど遅い昼寝をはじめてしまいそれならばと福津に向かうドライブに変更。

うまい具合に宮地浜海水浴場に着く頃に覚醒するのだけど、出店やら車の往来の多さだったり浴衣の女性を見るに付近一体でお祭りの模様。

おっと、これは海水浴どころではない。海を心待ちにしている子供たちをなだめながら、とりあえず海沿いを進み、はじめての新宮海水浴場にたどり着く。

夕刻も相まってか賑わいはとても落ち着いている、とても過ごしやすそう。

長い時間を待っていたからか子供たちのテンションは高め、そしてどうやら妻も高めの模様。

海で走る少年

水に浸かり笑う女の子

久しぶりの海、思わずちょっと強めの波から逃げ出す坊主、でも楽しそう。

そしてこちらも久しぶりのためか恐々と海に入っていく娘、でも楽しそう。

波を背に受ける少年

逆光でシルエット姿

しばらくすると坊主は勝手に一人で自分なりの楽しみ方を発見し、波と戯れている。

遠浅のようで坊主がずんずん沖に進んでいき、急に深くはなっていないかと内心ヒヤヒヤしながら見守る。

貝殻を持つ手

砂浜を歩く女の子

娘さんは女の子らしく、貝殻を見つけて「しゃぇーう!(shell)」なんて言ってはしゃいでいる、可愛い。

ものすごく楽しそうな彼らの様子、頻繁にとはいかないけれどこの笑顔のためにちょっと頑張ってもう何回か来てみようかな、うん。

海の母娘

2018/08/04

はじめての制服でご入園記念写真。【スタジオ撮影】

今年の春先に撮影させていただいたご入念記念の写真をご紹介します。

初の制服、ピシッとした姿が格好良くもあり、初々しい様子に可愛くも見えます。

続いてご家族の写真を、

入園記念の家族写真

ご家族で撮影すると子供のその頃の大きさの比較にもなって、撮影を続けているうちにその差が少なくなっていく様子がとても面白いです。

制服と合わせた落ち着いたカラーリングの装いで色合いもとても素敵です。

写真を撮影させていただくお客様で衣装をどうすればよいかのお問い合わせをいただくことがありますが、冠婚葬祭など必然的なフォーマルな時はもちろんそのような装いをお勧めしています。しかしそのほかの場合、例えば家族写真や入園・入学などお子様本人以外はカジュアルでもフォーマルでもどちらでもよいかなと考えるようなシーンでは色合いなど含めてカジュアルをお勧めさせていただくことも多いです。フォーマルはどうしても黒やグレー、色彩に乏しい装いになることが多く、写真として見る場合にモノトーンでどうしても固いイメージになってしまうからです。

変顔をする男の子

撮影が進む中、途中にやはりこういった表情も。しっかりした写真とは別にこのような写真も残していきます。この「しっかりした写真の間」の気の抜けている時間こそ本人らしさが現れたりします。

同じ顔をする父子

最後はお父さんとツーショット、女の子の時はお母さんと、「同じ顔で」とリクエストして撮影。表情にフォーカスするように、背景はブラックで二人の表情をアップにして撮影します。

この写真が時間を経て、ストーリーを内包した素敵な思い出になると信じて撮影しています。

--

入園・入学写真を春先のバタバタした時間で撮影の機会を逃してしまったなあ、そんな時もまだ全然大丈夫です。この夏休みの間にいかがでしょうか?

8/31まで、ただいまキャンペーン行なっております(※終了しました)のでこの機会にどうぞ。

1 2