about me

光永典人
カメラマン

1983年、牡牛座の亥年生まれ。猪突猛進。

  

僕にとって撮影は人生の傍にあり続ける、身体の一部のようなもの。写真を撮りはじめ、続けているのは何より性に合っていて没頭できるから。

子供の頃から何かを作りたい・創造したいと、マンガ・ギター・小説など色々なことに興味を持ちトライしたけれど本当に下手でうまくいかない。そんな折に有名なギタリストのエディー(VAN HALEN)が1日に8時間ギターを弾くというエピソードを聞いてそんな無茶苦茶あるかよと思ったけど、写真に出会い、なるほどそういうこともあるのだなと自身で理解した。自分の人生のパートナーとなるそういうものがあるんだな、と。

 

ストレートに被写体そのもののパワーを捉える、そこにストーリーやメッセージが浮かび上がる。

僕が撮影する写真は僕自身だけで完結できる写真ではありません。

僕と被写体となる皆さんの気持ちがまっすぐに向き合うことができた時、はじめて撮影することができる、とても本質的で力強い写真です。

決して派手だったり、お洒落な写真ではありませんが長い時間を経ても、その時の確かな気持ちを感じる写真を撮りたいと思っています。

 

自分の写真コンセプトが正しく反映されるようにと、機材でうんうんと悩むのがとても好き。

その時その時の試行錯誤で同じレンズを何回も買ったり手放したり、僕はなんて無駄が多いのだろうと思いながらも楽しくやっています。

趣味は特になく、この写真へのアプローチ自体が趣味と言えるかもしれません。

他に坊主と娘、家族の写真を撮ること。坊主が大きくなり、写真を撮る機会が減って近頃は娘の写真ばかり。

--

確かな写真にはストーリーやメッセージが内包される、身近に飾ったり見れる形にすることで、気持ち・生活を豊かにできるんじゃないか。

何かの記念や決まった時の写真だけでなく、残したいと思う気持ちはそこここにあります。そんな写真をもっと気軽に撮影できるように、もっと写真文化を身近になるように写真の力強さを通して尽力、伝えていきたい。



光永知恵
マネージャー

1972年 兵庫県姫路生まれ、楽天家で活動的な射手座B型。

 

歌うこととお菓子作りが好き。
スタジオで販売している手作りの「写真屋さんのクッキー」は、お子さんから年配の方まで幅広く大人気。