写真屋の嫁ログ

2019/06/25

はじける笑顔のポートレイト

64475227_1018912495107807_3160427813333368832_n.jpg

 

こんにちは。フォトスタジオNMphotography.マネージャ・知恵です。
本格的な夏になってきました。というか、やっと梅雨入りの北九州。

今日は、少し前にスタジオに遊びに来てくれた2人の若者のいい笑顔をお届けします。

 

2人は私が数年前に北九大に勤めていた時の学生さん。私の同僚の結婚披露宴で一緒に即席のバンド演奏をしたのがキッカケでお友達になりました。遠くに住んでいるのに、時々こうして顔を見せに来てくれるのって、とても嬉しいです。
学生さんはみんな就職して北九州から離れてしまっているので、ウチのスタジオが北九州に帰ってくる時のホームの役割になれたら嬉しいな、なんて思います。

 

当時30代半ばだった私と、20歳そこそこの学生さん。三十路にさしかかる彼らは喜びも色々あれど困難に直面したり悩むことも多いはず。いつも、子を案じる親みたいな心境で見てしまいます。でも、このはじける笑顔と大きな笑い声を聞いていたら、色々あってもきっと上手くいくだろう!と安心できました(^^)
私なんかが心配しなくても、きっとしっかり歩いているのでしょうけどね!余計なお節介でしたw

 

私たちのスタジオでは、お子さんだったりご家族だったり、はたまたお一人でのポートレイトだったり、とにかく人物を撮影しています。しかも、広告や雑誌にでてくるモデルさんのような「撮られるプロ」ではなく、カメラの前に立つとガチガチに緊張して顔が引きつってしまう、いわば素人さんがお相手です。
「写真を撮ることってありますか?」とお尋ねすると「携帯では撮るけど、こういうのはほとんどありません」「写真を撮るのはいいけど撮られるのは苦手」と仰る方が多いです。

 

代表・カメラマンの光永典人は、自称『人見知りで人が苦手』なのですが、それが逆にうまく働いているように私には見えます。カメラの前に立つと緊張する、はじめての場所ではじめて会うカメラマンを前に緊張する、というお客様の気持ちがよく理解できるので、どうすれば緊張がほぐれてリラックスした表情がでてくるのか、自分に置き換えて考えて、それを実践しています。

実際に撮影風景をご覧になった方はお分かりかと思いますが、典人はカメラを持つととにかくよくお喋りをします。お客様にもお天気や趣味の話をしたり「今朝は何を食べましたか?」なんていう質問を投げかけたり、反応を窺いながらツッコミを入れて笑いを誘ったり。顔の筋肉のほぐし方を軽くレクチャーしたりすることも、あります。

この写真のお2人は、たまたまウチに遊びに来てくれただけで、写真を撮る予定はありませんでしたので、突然「ちょっと撮らせて」と言われて驚いて緊張していたはず。
でも、何枚かシャッターを切るうちに、こんな素敵な笑顔が撮れました(*^-^*)

 

「写真だけはどうしても苦手」
「ウチの子はカメラを向けると逃げるから無理」
なんていう方がいらっしゃいましたら、ぜひ気軽にNMphotography.スタジオにいらしてみてください。

本番前に写真を撮られる練習をすることも、できますよ!
お気軽にご相談ください(^^)

 

 LINEから気軽に問合せ・ご予約 >>友だち追加


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 写真店・写真スタジオへ