20220305-X-H1のAFに慣れていれば苦痛はない

坊主と娘と早速、GFX50Rを片手に撮り歩き。

機械面の第一印象として、シャッターが重めの印象で撮影している感を強く味わえる(何枚もパシャパシャ撮る行為が減る)、その影響か大きいカメラを持ってることがあまり苦痛でないこと、です。楽しい。

5000万画素オーバーのカメラで心配していたけれど、僕の古いiMacでも苦痛を覚えることなく現像できます。

>お問い合わせ

お問い合わせ

ご予約、撮影や商品内容についてなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください。