撮影日誌

2018/09/15

ある日のいちかわ製パン店【ロケーション撮影】

毎年同じ日に撮影をさせていただいているいちかわ製パン店さん、すでに5年もその撮影をさせていただいています。

これがもしも10年、さらに年数を重ねて撮影することが叶えば、時間をリアルに包括したドキュメンタリー撮影になる、ワクワクしながらいつも撮影に臨んでいます。

年数を重ねていれば慣れてくるものだろう、ということでもなく逆にシチュエーション自体は大きく変わらない、そんな中ではあるけれどやはり毎回変わらずに写真に感動してもらいたい気持ちが強くあり、全く撮影に気を抜けません。

ただ、真面目なだけではいけないなと最近感じ始めましたので、もっと楽しんで撮影しようと考えています。

 

今回の撮影はいつも撮影させていただいているものとは異なり、かつてのお世話になった上司、パン職人の仲間が集まる、そんな1日の何気ない様子をドキュメンタリー撮影してほしいということで撮影のご依頼をいただきました。

これまた何気なくも興味深い撮影内容。基本、写真を撮る人間は探究心が強いと思います。いつもの撮影はもちろん大切ですが、もっと違ったシチュエーションや違った景色、それだけでワクワクします。色々な撮影体験をしたい、そのためにできることも画策中です。

 

唐突に機材の話に変わりますが、こっちの方がより良い写真が撮れるんじゃないかなとコロコロ機材を変えてしまう癖のある自分、はじめはCanonの50mm f/1.2Lをメインに単焦点レンズを使うことが多かったのですがコロコロと変わり、今回は24-120mm f/4Gといういわゆる便利ズームをメインに撮影しました(このレンズすごく良いです、広角の歪曲がもう少しよければ...Zシリーズの24-120mmに期待)。単焦点レンズの方が描写力が優れているのではという意見もあると思いますが、写真という最終的なアウトプットで見るとそうでもなく、そして重要なのがその撮影者自身の撮影姿勢に大きく依ります。ちょっと詳しく聞きたいな、という写真好きの方は遠慮なく聞いて見てください、あーだこーだいつも考えている写真好きの一つの意見をお聞かせします。

 

さて、話は戻って今回のドキュメンタリー写真、あとはアルバム構成で写真を見ていただけたらと思います。

ある日のいちかわ製パン店ー0203P

 

ある日のいちかわ製パン店ー0405P

 

ある日のいちかわ製パン店ー0607P

 

ある日のいちかわ製パン店ー0809P

 

ある日のいちかわ製パン店ー1011P

 

ある日のいちかわ製パン店ー1213P

 

ある日のいちかわ製パン店ー1415P

 

ある日のいちかわ製パン店ー1617P

 

ある日のいちかわ製パン店ー1819P

 

ある日のいちかわ製パン店ー2021P

 

ある日のいちかわ製パン店ー2223P

 

ある日のいちかわ製パン店ー2425P

 

ある日のいちかわ製パン店ー2627P

 

ある日のいちかわ製パン店ー2829P

 

ある日のいちかわ製パン店ー3031P

 

ある日のいちかわ製パン店ー3233P

 

ある日のいちかわ製パン店ー3435P

2018/09/11

撮影ブースで簡易スタジオ撮影【イベント出店】

先日、「みんなでぷかぷか♪来ちゃリティーフェスタ@子どもの城ほんじょう」にイベント出店させていただきました。

 

それぞれに興味深い出店ブース、そんな中でNMphotography.にもたくさんの方に足を運んでいただき撮影させていただきました。本当にありがとうございます。

今回のように時折、お声がけいただきイベントに出店して撮影をすることがあります。僕たちは撮影ブースを設営して、スタジオの撮影に近い写真撮影をおこなっております。

撮影後は少しお時間をいただき2Lサイズの写真プリントをお渡しいたします。撮影のための時間・空間・出張用のストロボ、実際のスタジオ撮影とまではいきませんが自信を持って提供できる写真の品質です。

大型ショッピングセンターにテナントを構えているような大手スタジオとは違い、個人の写真館や写真スタジオの扉を開けるのはなかなか勇気が必要、この簡単な撮影体験でそんな写真スタジオを近しいものに感じてもらえればと思い、イベント価格で提供しています。

 

よく写真を料理に例えるのですが、色々なジャンルの料理、日本料理やフランス料理・もっと身近なB級グルメなどがあり人それぞれに好みがあります。写真も同様で様々な写真コンセプトがあり、人によって好き嫌いがあるはずです。知らず知らず苦手な料理を食べるより、自分の好きな写真家に撮影してもらうことが大きな喜びとなります。僕の写真を知っていただき、こんな写真もあるんだなと気付いていただければ嬉しいです(そして好きな雰囲気だ、なんて思ってもらえたら最高です)。

 

イベント企画をされている方でもしも撮影ブースの出店があったら、なんてご用命がありましたらどうぞお誘いください。カメラマンは一人、家族で営んでいる写真スタジオのためスケジュールの都合など難しい場合も多々ありますが、よろしくお願いいたします。

 

さて、今回のイベントで撮影させていただいた写真をいくつか紹介いたします。それぞれに良い表情、僕自身が好きな写真たちです。

 

簡易スタジオで家族写真

簡易スタジオで家族写真

簡易スタジオで姉弟写真

笑顔の子供写真

簡易スタジオで子供写真

寝っ転がる姉弟の子供写真

簡易スタジオで肖像写真

簡易スタジオで家族写真

仲良しの二人

簡易スタジオで兄妹写真

簡易スタジオで姉弟写真

2018/09/02

9月に入りました。

8月が終わり、夏が過ぎていくのを感じますね。

月初めのお参り、その日が土日だと子供たちも一緒に近くの神社に伺います。

朝から激しい雨模様でこれは大変だなあと思っていたけれど、ちょうど小康状態になり無事にお参りを完了。今月もよろしくお願いいたします。

Peppa Pigというアニメーションの影響で水溜まりを見てワクワクする娘さん。

成長するに連れて理性というものが身についていく、全力で飛び込むなんてこの時分にしかできないことなので遠慮なくやってほしい。

 

同じ神社に通っていると我が子の成長を覚えます。

大変、大変と思っていたのだけれどいつの間にか大きくなっている。

参道を歩く傘を持つ女の子

--

まだまだ有名とは言えないNMphotoスタジオ(頑張らないと)、のんびりとした感じではありますが少しずつ七五三のご予約をいただいています。

10月、11月でご希望の日時がある場合はお早めのご予約をよろしくお願いいたします。

2018/08/29

「ぼ〜っと」シネマを若松ボートレース場にて。

28日、子供たちに夏休み最後の思い出をつくってもらおうというコンセプトで、映画館のない若松区に一日だけの映画館が現れた。

 

映画館と言っても空間や設備、たくさんの人が集まるとなるとそれこそしっかりとした規模で諸々が必要となります。単純に考えてもスクリーンに音響設備、そういった主力のものの次に来場していただいた方のための上映中の椅子、そして家族で来ていただくとなると車での来場も多くなります、それに対応するだけの大規模な駐車場となると、ちょっと考えてもそれらを一つ一つ都合するとなると全く現実的ではないように思える。

その点を立案された方は若松区にあるボートレース場の室内にある中央巨大スクリーンを見て、閃いた模様。確かに映画上映のための設備から大規模駐車場まで備えています、冴えてる。地域貢献のためにとボートレース場もオーケーとのことで、無事に開催となりました。

若松区、高塔山公園の野外音楽堂やグリーンパーク、今回のような大勢の人が集まって何かをするということに向いているような気がする。

 

このイベントの記録撮影をスタッフの方より協力いただけないかとお問い合わせいただき、地域貢献のため、と堅い感じではなく若松区を盛り上げることに少しでも協力できればなと参加させていただきました。スタジオから見える場所にあるくらい、とても近い、スタジオから見える場所ですし...楽しむ気持ち半分くらいで。

 スーパーボールすくい

水とコラボした催しは子供に大ヒット。

おもいでガチャ

工夫を凝らした興味を引く何か。

楽しむスタッフ

スタッフの笑顔がイベントをどのように作り上げたか物語ります。

ユキモンのアイスクリーム

噂によく聞くユキモンのアイスクリーム(キャンディ)。

工夫を凝らした景品を携えた屋台や地元のお店が並び、ただ映画を楽しむだけではないお祭りをミックスしような雰囲気。映画館ではほぼお決まりのドリンクとフードとなるけれどその垣根を簡単に飛び越えて、お祭り特有のあの魅力的なフードと一緒に映画を観覧できるというのは本当に楽しそう。映画館ではやはり映画を愉しむ空間で真剣に見るときにはとても良いのだけど、子供づれで集中できなかったり周囲の方への迷惑を考えると気が滅入る、そういった家族のための安らぐことのできる新しいタイプの映画鑑賞にも今後なりそうです。

地元ダンススクールによるダンス

地元ダンススクールによるダンスの披露、続いて映画が始まります。

若松ボートレース場で映画

スクリーンをしっかり写したいが輝度差に断念。スマホの簡易HDRの方がこういうシーンだと良いんじゃないだろうか...

映画をぼ〜っと見る

まさに「ぼ〜っと」シネマ。

さらに夏休みの長い間、子供にとっては毎日が休日で外出を楽しみにしている、大変なんだけど親としてどこかに連れていってあげたいという思いがある、その両方を満足することができるので周知がうまくいけばもっと大きなイベントになるような気がします。

2018/08/25

北海道でフォトウエディング撮影(してもらいました)。

夏季休業、家族で初めて飛行機に乗って遠くまで、楽しく過ごすことができました。

北海道に赴いたのですが涼しくてびっくり、そして景観の雄大さに大びっくり。これは、すごいなあ。

天気予報はほぼ雨で、てるてる坊主を設置して良い空模様を期待しながら北海道へ。

不安の中でしたが、てるてる坊主・そして晴れ娘のおかげでしょうか予報もなんのその旅行の間はずっと晴れ模様。

今回の旅行の目的はちゃんとした結婚写真を残せていない僕たち夫婦(写真屋なのに...)、その7年越しのフォトウエディングを心の支えとなっている写真家さんに家族で撮影していただきました。

 

本日からは通常営業となります。

夏休みももうわずか、夏が終わる空気を感じます。が、まだまだ暑いですねー。

--

夏季キャンペーン情報とお知らせ※終了しました

 

2周年記念、夏季キャンペーンを行っています!7/21〜8/31の期間の撮影において、

・スタジオ基本プラン(限定10組)

37,800円→30,000円

・ロケーション基本プラン(限定3組)

59,400円→50,000円

でご案内しております。ぜひ、この機会にご利用ください。

プランの詳細については「撮影プラン」のメニューよりご確認お願いいたします。

1 2 3 4